センター北で義歯・ブリッジ治療が受けられる歯医者

  • 土日診療・センター北駅徒歩1分・女性ドクター在籍
  • 0459118662

義歯・ブリッジ

当院の義歯・ブリッジ治療について

image

入れ歯がピッタリ合うかどうかは、型採りで決まるといっても過言ではありません。歯型を採る際に口を何度も動かしていただき、口を動かした時もピッタリと吸着するような入れ歯を作製しています。

また部分入れ歯やブリッジは、どうしても周囲の歯に負担がかかるのですが、負担を最小限に抑えるために歯に対して垂直に力が入るよう、様々な工夫を凝らしています。

もちろん、保険の場合も自費の場合も、同様の手順で作成いたします。

当院で取り扱っている総入れ歯

プラスチック製入れ歯

image

保険適用

土台となる「義歯床」 の部分が保険で定められたプラスチックで作られている入れ歯です。見た目では総入れ歯だと気づかれにくいですが、しっかりはめたつもりでもよく浮いてきてしまうので、そこで入れ歯だと気づかれることもあります。また、義歯床が分厚いため、違和感が大きいと言われています。

金属+強化プラスチックの入れ歯

image

自費治療

義歯床の部分は金属で、人工歯と義歯床をつなぐ部分が強化プラスチックで作られている入れ歯です。金属のため保険の入れ歯よりも強度があり、また非常に軽くて薄いため違和感が少ないと言われています。また金属のため、飲食物のあたたかさ・冷たさを感じることができ、食事も美味しく召し上がることができます。金属の種類によって料金が異なりますが、チタンなど最新の材料をご用意しています。

料金のご案内はこちら

当院で取り扱っている部分入れ歯

プラスチック+針金のばねの部分入れ歯

image

保険適用

天然歯に固定する留め具の部分は金属で、歯ぐきに接着する土台部分がプラスチックで作られている部分入れ歯です。ばねの部分が金属で表側からでも見えるため、審美性はあまり良くありません。

金属+強化プラスチックの部分入れ歯

image

自費治療

留め具の部分を金属で、歯ぐきに接着する土台部分が強化プラスチックで作られている部分入れ歯です。精密に計算して作られているため、天然歯にかかる負担は最小限です。入れ歯自体が非常にコンパクトに作られており、異物感も少ないと好評です。また、表側からは金属の留め具が見えないため、審美性にも優れています。

料金のご案内はこちら

当院で取り扱っているブリッジ素材

合金

image

保険適用

保険が適用になるブリッジです。お口の中では黒っぽく見えます。表面の腐食のため、定期的に(5~6年毎)取り替える必要性があります。

強化プラスチック

image

自費治療

セラミックとプラスチックの中間の位置づけとなります。セラミックの長所、プラスチックの短所を受け継いでいます。数年(4~5年)で表面の色調が変化してきます。

セラミック(合金)

image

自費治療

表面にはセラミックを内面、裏面には合金を使用してます。まれに、歯肉を黒く変色させることがあります。

セラミック(ジルコニア)

image

保険適用

内面にジルコニア、表面にセラミックを使用しており、審美・強度・耐久性・生体親和性に優れています。裏側まで白くできますが、細かな色調表現はできません。

オールセラミックス

image

自費治療

審美・強度・耐久性・生体親和すべてに優れた最高品質の、オールセラミック・クラウンです。世界でもっとも信頼されている、ivoclar vivadent社の製品を使用しています。もっとも天然歯に近く、色調にこだわられる方にも最適です。

料金のご案内はこちら

ページトップへ戻る